待ってました!投げ銭

TikTokも、やっとマネタイズ化されました

これで、増々クリエイターが増加するでしょうね

さらに、企業コラボも増えて行くんでしょうね

ただ、Bytedanceさんの思惑と違う方向へ走って行かない事を願います。

利用年齢制限があるのが救いですけど…

「Gifting」いわゆる「投げ銭」の傾向と対策について
なんか懐かしい響き受験勉強みたい

海外ファンの多いクリエイターさんは、かなりコインを稼げると思います。
なので、クリエイターさんは海外を意識したコンテンツ作りを目指すと良いかもですよ

ライブ撮影に必須のリングライト探してみた

(以下プレスリリースより抜粋)

TikTok、TikTok LIVE Gifting(ギフティング)機能、3月1日(月)から開始

TikTok、TikTok LIVE Gifting(ギフティング)機能、3月1日(月)から開始

ショートムービープラットフォームTikTok(ティックトック)は、ライブストリーミング機能
TikTok LIVE(ティックトック ライブ)に新たな機能として「TikTok LIVE Gifting(ギフティング)」を3月1日(月)よりローンチいたします。

「TikTok LIVE Gifting」とは、TikTok LIVEで使えるバーチャルアイテム(以下「ギフト」)を使用し、ユーザーの皆さまがTikTok LIVE配信者を応援することで、TikTok LIVEをより楽しむことができるサービスとなっております。

現在、TikTok LIVEによって、TikTokクリエイターの皆様の活躍の場がより広がってきております。
TikTok LIVEはTikTokクリエイターとファンが直接交流できる場となっており、この度の「TikTok LIVE Gifting」によって、配信者の伝えたい想いやクリエイティブとファンの応援したい気持ちをより積極的に繋げることが可能となると考えております。
また、TikTokは150の国と地域で使用されるグローバルなプラットフォームであると言う特徴から、海外のTikTokクリエイターのTikTok LIVEの視聴も可能となっており、「TikTok LIVE Gifting」を実施している海外地域のTikTokクリエイターにギフトを送ることも出来るようになります。
TikTok LIVE配信者にとっては、日本のユーザーだけでなく、海外のユーザーからもギフトを受け取ることも可能となり、世界へ向けてクリエイティビティを発揮し、それを応援、サポートしていただくことができるようになっていきます。

なお、「TikTok LIVE Gifting」は20歳以上のユーザーが利用できるサービスです。20歳未満のTikTok LIVE配信者はギフティングを受け取ることができません。また、「TikTok LIVE Gifting」のギフトの購入も20歳に満たない場合ご購入いただけないため、予めご了承ください。詳細についてはバーチャルアイテムポリシーをご確認ください。

TikTok LIVEの新たな機能「TikTok LIVE Gifting」で拡大するTikTokコミュニティに今後ともご期待ください。

「TikTok LIVE Gifting」詳細

1:ギフトを送る
Step1 コインを購入する
ユーザーはTikTokで使えるバーチャルコイン(以下「コイン」)を使って、ギフトに変換できます。コインはポケットかTikTok LIVEルーム内で購入できます。App StoreかGoogle Play上で決済されます。コイン残高はポケットの「コイン残高」より確認できます。

ユーザーはTikTokで使えるバーチャルコイン(以下「コイン」)を使って、ギフトに変換できます。コインはポケットかTikTok LIVEルーム内で購入できます。App StoreかGoogle Play上で決済されます。コイン残高はポケットの「コイン残高」より確認できます。
ユーザーはTikTokで使えるバーチャルコイン(以下「コイン」)を使って、ギフトに変換できます。コインはポケットかTikTok LIVEルーム内で購入できます。App StoreかGoogle Play上で決済されます。コイン残高はポケットの「コイン残高」より確認できます。

Step2 ギフトを送る

ギフトを送る


LIVEルーム右下の🎁マークを選択し、ギフトを選んで、タップするとギフトを送信できます。ギフトを送るとコメント欄で表示されます。また特殊エフェクトが表示されるギフトもあります。ギフティングを受け取らない場合、配信前の「設定」で「ギフティングを受け取り」をOFFに切り替えて下さい。

LIVEルーム右下の🎁マークを選択し、ギフトを選んで、タップするとギフトを送信できます。ギフトを送るとコメント欄で表示されます。また特殊エフェクトが表示されるギフトもあります。ギフティングを受け取らない場合、配信前の「設定」で「ギフティングを受け取り」をOFFに切り替えて下さい。
LIVEルーム右下の🎁マークを選択し、ギフトを選んで、タップするとギフトを送信できます。ギフトを送るとコメント欄で表示されます。また特殊エフェクトが表示されるギフトもあります。ギフティングを受け取らない場合、配信前の「設定」で「ギフティングを受け取り」をOFFに切り替えて下さい。

2:ダイヤモンド交換
ダイヤモンドとは、「ユーザーコンテンツの人気を見える化したもの」 です。TikTok LIVEで獲得したギフトの合計等に応じて、ダイヤモンドに還元されていきます。ダイヤモンドを引き出して、PayPalを通して金銭と交換できます。

Step 1
ポケットから「LIVEのギフト」を選択し、ダイヤモンド合計数と報酬を確認し、払い戻しを選択。はじめての方はPayPalアカウントとの連携の手続きが必要になります。

ポケットから「LIVEのギフト」を選択し、ダイヤモンド合計数と報酬を確認し、払い戻しを選択。はじめての方はPayPalアカウントとの連携の手続きが必要になります。

Step 2
引き出し額を入力し、「出金する」を選択。「出金を確認」を選択すると、出金処理されます。PayPalを経由し、5営業日以内に銀行口座に振り込まれますが、ご利用の銀行によって期間が異なる場合があります。

引き出し額を入力し、「出金する」を選択。「出金を確認」を選択すると、出金処理されます。PayPalを経由し、5営業日以内に銀行口座に振り込まれますが、ご利用の銀行によって期間が異なる場合があります。

【TikTokについて】
TikTokは、モバイル向けのショートムービープラットフォームです。私たちのミッションは、創造性を刺激し、喜びをもたらすことです。TikTokには、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドン、パリ、ベルリン、ドバイ、ムンバイ、シンガポール、ジャカルタ、ソウル、東京などの国と地域にグローバルオフィスがあります。

初めて買ったApple

初めて買ったのが1990年代に
Apple マッキントッシュ ヨコ据え置き型 5700?シリーズみたいだったような
ほぼ記憶なしだけど
その時にAdobeのソフトも買いました なぜか? 全然使い方わからないのに
確かPhotoshop 2.0だったと思います。
当時は、形から入るタイプだったので

その後
Power MACからのiMACへと
使えるアプリはPhotoshop Illustrator Dreamweaver Premiere Pro のみ

クリエーターではないので、スキルは当時と変わらず成長なし
ついていけてないっす

なぜか、今はWindowsなんですけどね

AdobeCC探してみた

(以下プレスリリースより抜粋)

アドビ、Adobe Creative Residency Community Fundで若手クリエイター支援プログラムを拡充

~新たにTikTokと連携し、制作費等リソースと技術面でのサポートを提供~

アドビ、Adobe Creative Residency Community Fundで若手クリエイター支援プログラムを拡充

Adobe Creative Residency Community Fundは、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響などで厳しい状況のクリエイターの創作活動を支援するためにグローバルで設立され、約1億円(100万米ドル)の基金で運営しています。クリエイターの個人プロジェクトのサポートや、アドビの委託プロジェクトを依頼するほか、製品/サービスの提供などを行っています。昨年は、DMM英会話やLinkedInラーニングとのコラボレーションにより、クリエイターが海外に羽ばたき活躍の場を広げる支援も行いました。

アドビのマーケティング本部 常務執行役員 里村 明洋は今回の連携について、「このたび、Adobe Creative Residency Community Fundの活動として、TikTokと連携したことで、次世代のクリエイティブに関わる人々の活動を支援し、成長をサポートする体制がより充実したことを大変嬉しく思います。このプログラムを通じ、熱気あふれる活動の数々から生まれるクリエイティビティに大いに期待しています」と述べています。

プログラム概要
「【NEW LAYERS】 -誰も見たことのないクリエイティブを。- 」は、Adobe Creative Residency Community FundとTikTokによる、次世代を担うクリエイターの支援プログラムです。人々をインスパイアする若き日本のクリエイターたちのさらなる高みを目指したチャレンジをサポートします。

<期間> 2021年2月10日(水) ~ 2021年11月30日(火) ※予定
<内容> 日本のクリエイターがチャレンジする機会と成長する場を創出することを目的とし、次の2つを軸とした継続的な支援を行います。
①クリエイターの企画を募集し、採択されたクリエイターにサポートプログラムを提供(プロジェクト支援資金の提供、Adobe Creative Cloud提供、オンライン英会話受講権、アドビ製品のオンラインラーニング受講権、TikTok運営チームによるアドバイスなど)
②アドビ講師及びTikTokクリエイターによる実践的なワークショップの定期的な開催(2−3ヶ月に1度開催予定)

<本プログラムへの参加申し込み方法>
以下のフォームより必要な項目を記入し、申請を行ってください。
https://adobe.smapply.io/prog/japan_adobe_creative_residency_community_fund_/

①オンライン情報:TikTokのアカウントリンクを記載
②申請の種類:「個人プロジェクト」を選択し、プロジェクトの企画アイディア、制作プロセスや制作期間などを提出し、企画アイディアに”「NEW LAYERS」からの申請”と記載

詳細については以下のウェブサイトをご確認ください。
https://www.adobe.com/jp/about-adobe/creative-residency/community-fund.html 

<プロジェクト企画例>
本プロジェクト開始以前からCommunity Fundに参加しているTikTokクリエイターのプロジェクトを参考事例としてご紹介します。

参考事例プロジェクト①:
クリエイター名:あおぱんだ (https://www.tiktok.com/@aopanda_ao )

あおぱんだ

【プロジェクト概要】イラストをアニメーションにしていく過程をショートアニメーションとして継続的に投稿しています。アニメーションづくりを身近に感じてもらい、新しいユーザーがアニメづくりにチャレンジしてもらえればという想いから、普段から使用するAdobe AnimateのチュートリアルをTikTok内で紹介しています。

イラストをアニメーションにしていく過程をショートアニメーションとして継続的に投稿しています。アニメーションづくりを身近に感じてもらい、新しいユーザーがアニメづくりにチャレンジしてもらえればという想いから、普段から使用するAdobe AnimateのチュートリアルをTikTok内で紹介しています。

参考事例プロジェクト②
クリエイター名:あああつし、ぞのさんっ、サカグチヤマト (Creator’s Campus)

サカグチヤマト(https://www.tiktok.com/@ymt_sk)
サカグチヤマト(https://www.tiktok.com/@ymt_sk

【プロジェクト概要】TikTokで人気の映像系クリエイターが「簡単で誰でも真似の出来る撮影方法と編集方法」の動画を投稿し、多くのユーザーに「クオリティの高い動画の制作と投稿」の一歩目となるきっかけを提供しています(Adobe Premiere Rush や Adobe Lightroom などのソフトを使用)。

(投稿イメージ)

TikTokで人気の映像系クリエイターが「簡単で誰でも真似の出来る撮影方法と編集方法」の動画を投稿し、多くのユーザーに「クオリティの高い動画の制作と投稿」の一歩目となるきっかけを提供しています(Adobe Premiere Rush や Adobe Lightroom などのソフトを使用)。

<ワークショップについて>
次回ワークショップの開催は4−5月ごろを予定しております。開催概要が決定次第、TikTokアプリ内バナーなどで概要をお伝えいたします。

また、本日2月10日(水)には、当プログラムの開始を記念して、フォロワー数200万人越えTikTokクリエイター あああつし氏をお迎えし、新世代のクリエイティビティについて語るオンラインイベントを開催いたします。

「第1回TikTok | AdobeワークショップCREATIVE JUMP」開催概要
イベント名称:第1回 TikTok | Adobe ワークショップ CREATIVE JUMP
日程 :2021年2月10日(水) 15:00-16:30
視聴方法:後日録画アーカイブを公開予定
内容
1)TikTokでバズるコツ (あああつし氏)
2)バズをうむ編集ツールの使い方 (TikTok/アドビ)
3)アドビ製品を使ったコンテンツ例(田中玲子)

登壇者
TikTokクリエイター あああつし氏
アドビ株式会社 マーケティング本部 マーケティングマネージャー 田中 玲子

【TikTokについて】
TikTokは、モバイル向けのショートムービープラットフォームです。私たちのミッションは、創造性を刺激し、喜びをもたらすことです。TikTokには、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドン、パリ、ベルリン、ドバイ、ムンバイ、シンガポール、ジャカルタ、ソウル、東京などの国と地域にグローバルオフィスがあります。

【Adobe Creative Residency Community Fundについて】
新型コロナウイルス(COVID-19)の影響などで厳しい状況のクリエイターの創作活動を支援するためにグローバルで設立されたファンドです。企画内容やクリエイティブのスキルに応じて、「個人のプロジェクト」やアドビからの「委託プロジェクト」を申請いただきます。審査を通過したプロジェクトに対して、最大50万円のCommunity Fundを提供します。また、Adobe Creative Cloudの1年間のライセンスやプロダクトのレクチャーなど追加のサポートも受けることができます。さらに、Community Fundに参加している世界中のクリエイターとのコミュニティに参加でき、新しい出会いや情報交換の場として活用いただけます。
Adobe Creative Residency Fund ウェブサイト:https://adobe.ly/2YkmDlv 

【「アドビ」について】
アドビは、世界を変えるデジタル体験を提供します。このアドビのビジョンは3つのクラウドサービスで支えられています。Creative Cloud(https://www.adobe.com/jp/creativecloud.html)は、写真、デザイン、ビデオ、web、UXなどのための20以上の デスクトップアプリやモバイルアプリ、サービスを提供しています。Document Cloud(https://acrobat.adobe.com/jp/ja/)では、デジタル文書の作成、編集、共有、スキャン、署名が簡単にでき、デバイスに関わらず文書のやり取りと共同作業が安全に行えます。Experience Cloud(https://www.adobe.com/jp/what-is-adobe-experience-cloud.html)は、コンテンツ管理、パーソナライゼーション、データ分析、コマースに対し、顧客ロイヤルティおよび企業の長期的な成功を推進する優れた顧客体験の提供を支援しています。これら製品、サービスの多くで、アドビの人工知能(AI)と機械学習のプラットフォームであるAdobe Sensei(https://www.adobe.com/jp/sensei.html)を活用しています。
アドビ株式会社は米Adobe Inc.の日本法人です。
アドビに関する詳細な情報は、webサイト ( https://www.adobe.com/jp/ ) に掲載されています。

© 2021 Adobe Inc. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑