ゴーゴーカレー!『金沢カレー』これ食べてみたい

カレー大好き人間として

“ゴーゴーカレー”は見逃せない・・・

って言うか日本人って カレーライス好きよね!

カレーライスって、日本アレンジの食文化の代表的な食べ物の一つ

日本人ってアレンジ力というかローカライズ力がスゴイなぁってつくづく感じます。

他にも代表的なのはラーメンっすよね

さすが「だし」文化 旨み!ネ!

「UMAMI」これも世界共通語になりつつあります。

「ゴーゴーカレー」通販ありますよん!

(以下プレスリリースより抜粋)

カレーの専門商社“ゴーゴーカレー”が監修・認定した3商品がローソンにて登場!

カレーの専門商社“ゴーゴーカレー”が監修・認定した3商品がローソンにて登場!

古くから愛され続けてきたソウルフード、『金沢カレー』。ゴーゴーカレーグループは、カレーの専門商社として日本全国はもちろん世界にカレーのおいしさを伝え、カレーで元気を届けています。

この度、5月11日(火)から販売する商品は、ローソン店内調理商品「まちかど厨房」を扱う約6,500店舗(2021年3月末時点)にて人気の厚切りロースカツ、ライス、千切りキャベツ、オリジナルカレーソースを盛り付けた『ゴーゴーカレー認定 ロースカツカレー』を販売いたします。
また、翌週5月18日(火)には、ゴーゴーカレーが監修・認定したカレールーに、北海道産小麦の全粒粉入り専用麺と野菜やカレー味の挽き肉を組み合わせた『ゴーゴーカレー認定 ゴリ旨!カレーまぜそば』を販売いたします。
さらに、同日にゴーゴーカレーが監修・認定したカレールーに、良く絡むパスタ麺にジューシーなチキンカツを盛り付けた『ゴーゴーカレー認定 ゴリ旨!チキンカツカレーパスタ』など、より身近にゴーゴーカレーの味を
ローソンでお楽しみいただけます。

今後も、ゴーゴーカレーでは、さまざまな企業さまとコラボレーションし、カレーが世界中の人々の“元気の源”となるようおいしいカレーを世の中に広め世界を元気にします!

◆販売商品

<5月11日(火)~6月11日(金)まで販売>※なくなり次第終了予定
『ゴーゴーカレー認定 ロースカツカレー』税込698円※まちかど厨房にて展開

ゴーゴーカレー認定 ロースカツカレー

「まちかど厨房」で人気の厚切りロースカツにゴーゴーカレーが監修し、認定した濃厚で焙煎熟成したルーにライスと千切りキャベツを盛付けた“金沢カレー”をお楽しみください。

<5月18日(火)~6月28日(月)まで販売>※なくなり次第終了予定
ゴーゴーカレー認定 ゴリ旨!カレーまぜそば』税込399円※沖縄県の店舗を除く

ゴーゴーカレー認定 ゴリ旨!カレーまぜそば

北海道産小麦の全粒粉入りの専用麺に、ゴーゴーカレーの焙煎熟成したルーを使用した濃厚な旨みが特長のカレールー、カレー味の挽き肉、福神漬、生たまねぎ、青ねぎ、卵黄風ソースなどの具材を盛り付けた小容量
タイプのまぜそばです。

<5月18日(火)~6月28日(月)まで販売>※なくなり次第終了予定
ゴーゴーカレー認定 ゴリ旨!チキンカツカレーパスタ』 税込399円※沖縄県の店舗を除く

ゴーゴーカレー認定 ゴリ旨!チキンカツカレーパスタ

ゴーゴーカレーの焙煎熟成したルーを使用した、濃厚な旨みが特長の
カレールーとチキンカツの食感をアクセントに、キャベツを盛り付けた
小容量タイプのパスタです。

■金沢カレーとは
(1)ルーは濃厚でドロッとしている。
(2)付け合わせとしてキャベツの千切りが載っている。
(3)ステンレスの皿に盛られている。
(4)フォークまたは先割れスプーンで食べる。
(5)ルーの上にカツを載せ、その上にはソースがかかっている。

■ゴーゴーカレーとは
ゴーゴーカレーは、「カレーは地球を救う!カレーで世界一!!」をビジョンに掲げ2004年に金沢カレーを提供するカレー専門店として東京都新宿にオープンしました。
ゴーゴーカレーの特徴は、55の工程を経て5時間煮込み、55時間寝かした濃厚でドロッとしているルーをあったかいライスにかけ、千切りキャベツとサクサクのカツにオリジナルカレーソースをかけ盛り付けた金沢カレーが“クセになる味”と話題を呼び、多くの人々にゴーゴーカレーの魅力を発信し続けてきました。
現在、カレーからフードトランスフォーメーションを起こし、カレーの商品開発やコラボ事業、カレールーの販売など幅広く事業を展開しています。美味しいカレーを世の中に広め、“元気の源”のカレーをライフインフラへと
導き世界中を元気にします。

初の海外事業進出「チャンピオンカレー」

嬉しいニュース!

それも、超なじみの西海岸

それも超最高のロケーションが楽しめるロングビーチ

最高過ぎ
来月にはリトルTOKYOにも2号店オープン

関西ではあまりなじみがないお店だけど
でも、メッチャ食べたくなってきました。

LAでの新メニュー「カレーディップ付きカツサンド」これがすごく気になる
このメニュー日本にはないのかなとHPを見てみたが、見当たらない。
日本でも受けそうな気がする

この単品だけのメニューだけでも勝負できそう
ちょっとそんなFCありか「チャンピオンカレー」さんに聞いてみようかな
コラボも積極的にやっているようなので、拡がりそうな気配

実は、「金沢カレー」食べたことないんだけどね…

(以下プレスリリースより抜粋)

元祖「金沢カレー」のチャンピオンカレーが米国・西海岸へ!北陸の老舗カレーチェーン、初の海外事業進出。
URL:http://chancurry.com

● 米国西海岸で、チャンピオンカレー初の海外進出
チャンピオンカレーにとっては、今回が初めての海外進出となります。多様な人種構成を誇り、異なる食文化への受容度が高いカリフォルニア州から事業を開始、近い将来には他の大都市圏も対象とした多店舗展開を計画。「日本のカレーを現地化し、アメリカにおいても国民食のひとつとして広く親しまれること」を目標としております。

2000年代後半より、米国では空前のラーメンブームが発生しましたが、このムーブメントはラーメンというジャンルのみならず、「低~中単価帯でファストフード・コンセプトの日本食に対する認知とニーズの高まり」と捉えられます。ラーメンと同じく《手軽さ》と《日本食ならではの旨味》を兼ね備えたカレーライスは、それに続くものとなると考えております。

● カレーライスに加え、新メニューのカツサンド&カレーディップを主力商品に!
展開ブランド名は「Champion’s Curry」とし、通常のカレーライスに加え、《カツサンド&カレーディップソース》を新しく主力メニューとしてラインナップ。国内での営業経験をベースに、ファストカジュアル・コンセプトのカレーダイナー業態として開発いたしました。

チャンピオンカレーのレシピをベースに、現地企業と協働しブラッシュアップ
今回の進出に当たって、チャンピオンカレー創業者が遺した秘伝のカレーソースレシピをベースに、より現地化すべくアップデートいたしました。LA市内の大手食品製造企業と提携し、約一年のやりとりと試作・確認を進める中、現地の嗜好をヒヤリングする機会に恵まれました。結果、両社の意見を反映させ、所謂「金沢カレー」らしい特徴に忠実ながらも、より現地の消費者に受け入れられ易い風味に仕上げられています。

定番の豚カツに加え、多彩なトッピングやサイドメニューをご用意!
「金沢カレー」といえば言わずと知れたトッピングとなっているカツ。Champion’s Curryではフライトッピングにも力を入れ、日本で提供されるものと同様にサクサクの歯触りのカツ各種(チキン、ポーク、ビーフ、メンチカツ 等)も、現地サプライヤーと共同開発いたしました。

上記の他に現地ならではのアレンジとして、ダイスカットトマトと刻みらっきょを和え、爽やかな酸味を加える「トマトラッキョ・サルサ」を添えます。また通常の「金沢カレー」ではカツの上にソースをかけるところ、Champion’s Curryではサワークリームに変えアクセントとしています。国内店舗でも人気トッピングであるチーズには、ハラペーニョのピリ辛感が効いたナチョチーズソースを採用いたしました。

その他、サイドメニューも「カレーチーズ・フレンチフライ」や「エッグマカロニサラダ」等の、ユニークで多彩な取り揃えとなっております。

「Champion’s Curry」店舗情報
Champion’s Curry Long Beach
3768 Long Beach Blvd #106, Long Beach, CA 90807
Champion’s Curry Little Tokyo
136 South Central Ave, Los Angeles, CA 90012

#チャンピオンカレー #金沢カレー #LittleTokyo #LongBeach #カツサンド

e-お見合い

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑