そうだ京都、行こう いいね! 一度は泊まってみたい【アマン京都】

「丹波栗のモンブラン」もいいけど、このホテルに泊まってみたい

モンブランより栗そのものが好き!

紅葉の季節に、京都で栗を舌鼓 京都感満喫

似合わない・・・

「そうだアマン京都、行こう」

モンブランを取り寄せてみた

以下プレスリリースより抜粋)

【アマン京都】「丹波栗のモンブラン」 10月1日より期間限定販売

ザ・リビング パビリオン by アマンで秋の味覚を贅沢に楽しむ

【アマン京都】「丹波栗のモンブラン」 10月1日より期間限定販売

アマン京都 (京都北区大北山鷲峯町、総支配人:塩田明) は、京都・洛北の森の庭に佇むプライベートリゾートです。ザ・リビング パビリオン by アマンでは、昨年ご好評いただいた「丹波栗のモンブラン」を、この秋も期間限定で販売いたします。最高級の和栗として名高い丹波栗を贅沢に使用した絞りたてのモンブランクリームに包まれているのは、丹波の黒豆ブリュレに始まり、こだわりの和三盆の生クリーム、抹茶のガナッシュ、ふわふわとした栗のムースと続き、土台はしっとりと焼き上げたヘーゼルナッツフィナンシェ。仕上げには黒胡麻のチュイルでおめかししました。6層に重なった秋の味わいは、一口ごとにおいしいハーモニーを奏でます。ソムリエによるドリンクのペアリングもおすすめです。丹波栗のほっくりとした食感を存分に味わえる「丹波栗のミニパウンドケーキ」のお土産付きセットでご提供いたします。もみじ色づく森の庭を眺めながら、秋の味覚をお楽しみください。

丹波栗のモンブラン
期間: 10月1日(金)~11月30日(火)
価格: 6,200円 (税・サービス料込み) お土産付き
ウェブ: https://www.aman.com/ja-jp/dining/tamba-chestnut-mont-blanc
※前日までのご予約をお願いいたします
※一日のご提供数に限りがございます
※お土産は「丹波栗のミニパウンドケーキ」でございます
※ご予約は午後3時または午後3時半で承ります
※ランチ、ディナー、アフタヌーンティーの追加デザートとして、お土産なしの単品(+4,500円)でのご注文も可能です

丹波栗のモンブラン

丹波栗のミニパウンドケーキ
期間: 10月1日(金)~11月30日(火)
価格: 2,200円 (税込み)
※前日までのご予約をお願いいたします
※こちらの商品はお持ち帰り専用商品です
※ご購入日より5日以内にお召し上がりください
※発送での販売はいたしておりません

丹波栗のミニパウンドケーキ

​​ご予約はお電話 075-496-1335 (レストラン予約9.00am-6.00pm)または上記ウェブサイトにて承ります

アマン京都について
2019年11月に開業したアマン京都は、京都の北、左大文字山から続く鷹峯三山の麓に息づく、密かな森の庭に佇むプライベートリゾートです。約2万4千平方メートルの広い敷地内には、アライバル棟、リビング棟(オールデイダイニング)、レストラン棟(日本料理)、天然温泉を備えるスパ棟、そして、24室からなる客室棟と2つのパビリオン棟が森の庭に溶け込むように点在しています。隠れ家のようなアマン京都のモダンな建築と、時を経てなお凛と残る庭が織り成す景観で、より奥深い古都の魅力に触れる滞在をご提供いたします。

アマン京都について
ザ・リビング パビリオン by アマン

アマンについて
アマンは、プライベートな邸宅にいるかのような心温まるもてなしと、常に小規模であること、そして美しさの際立つラグジュアリーで非日常的な体験のできるプライベートなリゾート・コレクションとして1988年に創設されました。そのコンセプトは、初のリゾートとして誕生したプーケット島のアマンプリ(平和なる場所)から、世界へと発信されていき、現在、アマンは、20のデスティネーションにて33軒のリゾートを展開し、新たに8軒が建設段階にあります。次の開業はアマンニューヨークを予定しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。